八街強殺放火で男起訴、15歳長女を家裁送致(読売新聞)

 千葉県八街市小谷流(こやる)の強盗殺人・放火事件で、千葉地検は13日、同市内の土木作業員の男(47)を強盗殺人と現住建造物等放火の罪で千葉地裁に起訴した。

 同じく両容疑で逮捕された男の長女(15)については「殺人と放火の共謀までは認められない」として、強盗致死罪で千葉家裁に送致した。

 起訴状では、男は長女と共謀し、5月11日午後0時半頃、農業中村行夫さん(当時76歳)の自宅で、中村さんを鉄の棒のようなもので殴り、刺し身包丁(刃渡り約20センチ)で背中を刺して殺害。現金約18万円と、財布などを積んでいた軽乗用車1台を奪った。さらに男は家の2階に軽油をまいて火をつけ、木造2階建て住宅約155平方メートルを全焼させた、としている。

当麻寺西塔は飛鳥時代の創建? 橿考研が新説(産経新聞)
南アW杯 いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)
公安庁がオウム関連2施設に立ち入り 新拠点と最大拠点(産経新聞)
参院選沖縄選挙区、民主が公認候補の擁立断念(読売新聞)
琴光喜関を再聴取=野球賭博関与で警視庁(時事通信)
[PR]
by hanwofesbw | 2010-06-15 20:06
<鳩山首相辞任>「行政に停滞な... >>